いい地盤の日アワード第4回大賞

幸せはJIBANの上に築かれる。

強固な地盤で安心・安全な街!飯能市!

Scroll
About
ABOUT

飯能市が選ばれたポイント!

飯能市は「飯能台地」に支えられた強固な宅地地盤が多く、大型公園など自然環境が豊富で、しかも東京へのアクセスも良いことが、アフターコロナのニューノーマルな住生活空間としての条件を兼ね備えていること。

今年2021年、地盤ネットと「安心で豊かな暮らしの創造をめざす」理念が合致し、自然災害には特別な日に当たる3月11日に連携協定の締結が実現したことが主な選定理由です。

Movie
MOVIE

そんな飯能市で
今建設中のコンセプトハウスが!

本動画は、イメージ図につき、風景、建物、植栽などについては施工後の現物との差異が生じます。
つきまして本動画によって生じたいかなる損害については一切責任を負いません。

Feature
FEATURE

JIBANNETの5つの特徴

1「いい地盤の日アワード」
とは?

私たちは現在、年間約4万件にも及ぶ地盤調査を行っております。
こうした地盤調査や地盤改良工事などの事業と合わせまして、情報格差による生活者の方々の不利益の解消や、安心と豊かな暮らしの助けになればという思いから、この調査データを広く皆様に開示する取り組みを行ってきました。
その一環としまして、2016年から毎年11月28日を「いい地盤の日」と記念日に設定し、安全な場所に住む事に対して、様々な分野で積極的な取り組みを行っている企業や団体、人物を表象していく「いい地盤の日アワード」を設けました。

2地盤安心スコアとは?

「地盤安心スコア」とは、私どもの膨大な地盤調査データと一般に開示されているハザードマップなどのデータを組み合わせて、「地盤改良率」「浸水リスク」「地震による揺れやすさ」「土砂災害」「液状化リスク」という5つの視点から100点満点評価で80点以上を良い地盤、50点以下を危険エリアとして数値化したものです。

3建物の耐震基準だけでは判断できない!

これは建物が国土交通省の定める耐震基準を守っていれば良いという単純なものでもないんですね。
あくまでも耐震基準は「人の死亡リスクの有無」が前提であり、地震後も「人が住み続けられること」
を保証するものではありませんので、住まいを探す際にも、周辺環境やインフラの崩壊なども懸念材料として十分に理解しておく必要があると思います。

4良い地盤を選ぶことの重要性

「地盤安心スコア」とは、私どもの膨大な地盤調査データと一般に開示されているハザードマップなどのデータを組み合わせて、
「地盤改良率」「浸水リスク」「地震による揺れやすさ」「土砂災害」「液状化リスク」という5つの視点から100点満点評価で80点以上を良い地盤、50点以下を危険エリアとして数値化したものです。

5地盤が良いと理想の住まいも建てやすい

良い地盤の場所を見ていくと、さまざまな災害リスクを避けられるだけでなく、緑が豊かであったり、
人が「陽当たりが良い」「心地よい」「過ごしやすい」と感じる環境も充実していることが多いんですね。
同じく家を建てる際にも地盤が良い場所であれば「窓を大きくする」「柱の少ない広い空間をつくる」など、より自由な設計が可能になると思います。
安全・安心はまずは足元からです。より豊かな暮らしを創造するためにも、多くの皆さまに地盤への関心を持っていただきたいと願っています。

Contact
CONTACT

相談・お問い合わせはこちら

【ご相談は無料】
平日 9:00-18:00 ※繋がらない時はこちら
地盤が良いので災害に強く、安全!!

飯能市の地盤は、秩父中・古生層の岩盤や飯能礫層といった硬質な地盤が地表付近にまで分布し、地震で揺れが増大しやすい表層地盤の分布は浅くなっています。
そうしたことから、飯能市の地盤は地震の揺れに対して強い構造であると言えます。

また、地震による揺れで地盤が液体状になる「液状化現象」が発生すると、住宅などの建物はもとより、道路や水道管、下水道管などライフラインにも大きな被害を与えます。
飯能市は、液状化のおそれはありません。
弊社の地盤調査(微動探査)で、飯能市稲荷町を計測したところ結果は関東屈指の強い強固な地盤が確認できました。

ゴルフ場などレジャー施設が充実!!
ハイキングコースや公園など自然が沢山!!