iGroundPro

機械からデータセンターまで完全自社開発。

現場で計算結果をデジタルデータ化、そのまま送信可能に。

転記ミスや改ざんを根絶、自社のデータセンターだから情報漏洩も安心。

メニュー

導入前

・通信機能がなく、転記していたため、改ざんや転記ミスのおそれが

・誤った数値を記入すれば、解析結果も変わり、信用を損なうことに

・測定作業を終えた後に、細かい数値を転記しなければならないのは面倒

・機械でデータを取得しているのに、わざわざPCで読み込むのは二度手間

・現場の写真がいつどこで撮影されたかの証拠がなく、信憑性が低い

導入後

・測定データ、写真等を、無線LAN対応SDカードで自動送信

・データを転記する必要がなくなり、改ざんも転機ミスもなくなる

・iPadの位置情報をオンにすれば、撮影した画像にGPS座標が付与

・現場のデジタルデータを生で納品でき、データの信憑性が格段にUP

・すべての作業を測定現場で終えるから、現場から直帰も可能に

iGPは重機としての機能も強化

  • 完全クローズドシステムで操作が全自動に

    iGPを設定し、測定を開始すれば、数値がリアルタイムでフィードバックされ、大型液晶操作ボードに映し出されるため、総合的に状況を確認しながら測定が可能になりました。

  • 実荷重自沈を踏襲した全自動機を実現

    iGPは他社製品とは異なり、実荷重で段階的に載荷し、実荷重自沈による全自動測定を可能にしました。これは手動式・半自動式の頃からJIS規格が求める仕組みです。

  • 0.05kNの自沈層まで自動的に検出

    自沈荷重をロードセル(荷重センサー)により、常時キャリブレーションしながら、6段階(0.05、0.15、0.25、0.50、0.75、1.0kN)の自沈層を全自動で検出します。0.05kNの自沈層を検出でき、これまで以上に細かく正確に計測できるようになりました。

OPTION

  • とるねーどくん

    特許出願中の土質サンプラー

    とるねーどくん

    土質採取ドリルとロック付きのドリルカバーにより、土の混入や脱落等を防ぎ、求める深度の土質を採取でき、高い精度で判定を実現します。

  • とるねーどくん

    高精度で水位を測定できる

    みいちゃん

    横穴を設けた中空ロッド内にセンサー付きケーブルを挿入して測定するため、孔内水分による誤反応を防ぎ、精度の高い水位測定を可能にしました。

iGP全体図

ReportPAD

現場野帳・現地踏査・GPS付き画像撮影*をオンライン入力。測定データや、現場写真、調査地観察、チェック項目等を現場から直接GroundReportシステムに反映

地盤ネットで提供販売しているGroundReportのモバイル版です。iPadレンタルサービスもご用意しています。
なお、機械とは別にGroundReportライセンス料が発生します。詳しくは地盤ネット株式会社まで
※iPadの位置情報サービスを「オン」にする必要があります

ReportPAD

iGP仕様一覧

試験方式
スウェーデン式サウンディング試験方法に準じたPLC制御による自動貫入試験
試験荷重の変更
自沈状態を自動検出し、6段階(0.05・0.15・0.25・0.50・0.75・1.0kN)
チャック開閉方法
油圧ジャッキによる手動ハンドル操作
貫入ロッド
∅19×1,000mm
ロッド回転速度
25rpm(最大)
ロッド回転トルク
67N・m(6.8kgf・m)(最大)
載荷台昇降速度
200mm/sec(最小)
載荷台リフト力
400kgf (最大)
載荷台リフト方式
サーボモータ駆動ボールネジと動滑車(1,000mmストローク)
サーボモータ容量
定格750W(減速機付きACサーボモータ)
荷重制御方法
荷重検出と回転検出エンコーダによるセミクローズドループ制御
ロッド貫入仕様
減速機付きモーター 25回転/min(半回転2信号)
ロッド引抜き方法
載荷台(サーボモータ)手動運転操作による
ロッド引抜き力
300kgf(おもり0.5kN搭載時)
試験データ記録
①自沈貫入時:状態変化で記録 ②回転貫入時:250mm毎に記録
試験データ出力
メディア出力:SDカード
試験機寸法
920(全長)×700(幅タイヤ有)×1415(全高タイヤ有)mm
試験機重量
245kgf(おもり0.5kN含む)
クローラ搭載時寸法
1620(全長)×800(全幅)×1220(レール有1750)mm
クローラ搭載時重量
460kgf(最小)(発電機含まず)
使用温度
0~45℃
クローラ型運搬車
始動装置:リコイルスタータ
燃料タンク容量:2.7L(自動車用無鉛ガソリン)
最低地上高:60mm
操向形式:サイドクラッチ(爪)式
ブレーキ形式:内拡式(センターブレーキ)
電源仕様
・コンパクトインバータ携帯発電機(参考:Y社EF1600iS)
・最大出力1600VA(AC100V単相)エコ運転付発電機
・携帯発電機 燃料タンク容量〈4.2L〉
・家庭用(仮設)商用電源 AC100V単相
使用温度
0~45℃

iGP

iGP

日本全国163台配置