地盤安心マップ®PRO

地盤を知り、備えることで3つの災害事故をゼロに!

「地盤安心マップ®PRO」には、被害予測や予防につながるさまざまな災害リスク情報を掲載しています。
そのデータを実際の災害事例と重ねてみると、地盤の重要性を再認識する結果となりました。

令和元年台風第19号

令和元年台風第19号

各地で最多雨量を記録した豪雨により、千曲川が増水。長野市で過去最高水位を上回る12.46mに達し、自然堤防(洪水による土砂が堆積した土地)を破堤。水の溜まりやすい後背湿地に壊滅的な浸水被害が広がりました。

地盤安心マップ®PROで見ると…

「浸水の可能性マップ」の危険予測地域と、実際に被災した後背湿地がほぼ一致しています。

平成26年8月豪雨

平成26年8月豪雨

広島県広島市安佐南区では、局地的豪雨により同時多発的に大規模な土石流が発生。急傾斜地に立地する住宅地を襲い、甚大な災害を発生させました。

地盤安心マップ®PROで見ると…

「土砂災害危険区域マップ」では、崩壊や地すべりの危険性が予見されていました。

平成30年北海道胆振東部地震

平成30年北海道胆振東部地震

札幌市清田区(震度5強)などでは、内陸部であるにも関わらず、臨海部や河川敷で起きやすい液状化現象が発生。地区の3割超の建物や道路が被害を受けました。

地盤安心マップ®PROで見ると…

「旧版地形図」や「標高マップ」から、被災地が谷埋め盛土で、液状化の危険性が高い土地であることがわかります。

平成28年熊本地震

平成28年熊本地震

地震発生後、地盤ネットは現地にて地盤と被害の関連性を調査。地盤状況によって「道路1本を挟んで被害状況が異なる」実態が明らかとなりました。

地盤安心マップ®PROで見ると…

「地震動予測地図」により大まかな傾向は確認できます。しかし、一戸単位で危険性を判別するためには、より詳細な調査が必要です。

お申し込みはこちらから

「地盤安心マップ®PRO」は、
建設・不動産業界必見の価値ある「地盤データ」が満載。

「地盤安心マップ®PRO」は、40項目以上の地盤・災害・不動産情報や安全性の高い物件情報が閲覧可能。
地盤からその土地の特性を見極め、家づくりに活かすことで、信頼性の向上と集客効果や見込み客情報の取得が期待でき、
他社との差別化にもつながります。

Merit 01

その土地の地歴や詳細情報がわかる!

旧版地形図 ・空中写真/航空写真

現在の地図や写真からでは推察するのが難しい、歴史的な地形や用途などといった地歴情報を、年代を追いながら確認することができます。

  • 現在
    ●現在

    現在の浦安市舞浜地区。
    赤枠の中が東京ディズニーリゾートです。

  • 約40年前
    ●約40年前

    航空写真(1979~1983年)により、首都高速湾岸線ができた頃の地形が確認できます。埋立地として整備され、未だ建造物が建てられていない区域も確認できます。

  • 約85年前
    ●約85年前

    旧版地形図を表示することで、どの地域が埋立地なのかを確認することができます。青く塗っている箇所はかつて海だった区域です。

POINT

海・河川の埋め立てによる人工地盤だったのかなど、航空写真以前の土地履歴まで遡ることができ、比較・検討に役立ちます。

地盤ネット判定マップ

サービスを通じて蓄積した、膨大な地盤改良工事の要・不要情報を掲載。検討する土地の近隣情報が確認できます。

地盤ネット判定マップ
POINT

地盤の特性を事前に把握することでお客様の土地選びをスムーズにサポート。顧客満足度UPに貢献します。

Merit 02

家づくりの事前情報に役立つ!

ボーリング柱状図データ

国土交通省が公表している詳細なデータを自由に参照できます。

ボーリング柱状図データ

土地条件図

防災対策や土地利用、保全、開発に必要な情報を整理でき、そのまま活用できます。

土地条件図
POINT

煩雑になりがちな情報収集の手間を軽減し、ビジネスを効率化します。また、地盤調査の提案につなげるなど収益性の向上にも有効です。

Merit 03

不動産の販売支援にも貢献!

用途地域

土地利用、建築の際に必要な情報をスムーズに調べることができます。

用途地域

小学校区マップ/中学校区マップ

子育て世帯の関心が高い校区情報を地図上で確認することができます。

小学校区マップ/中学校区マップ
POINT

事前調査に必要となる情報をワンストップで確認することが可能となり、お客様の要望にも即座に対応できます。

「地盤安心マップ®PRO」なら、
膨大な地盤・土地情報を、簡単操作で一度に確認できます。

従来、省庁や機関ごとに個別のホームページに掲載されていた地盤関連データをひとつに集約。
誰でも簡単に、多種多様な地盤、土地情報を見える化でき、安全を求めるお客様の期待に応えることができます。

「地盤安心マップ®PRO」は地盤調査データが充実の40項目以上!

自社物件マップ
1.地盤安心不動産マップ
2.自社物件地盤調査マップ
地盤調査関連マップ・データ
3.地盤ネット判定マップ
4.SWS試験データ閲覧
5.SWS試験による調査深度マップ
6.SWS試験による自沈層マップ
7.ボーリング柱状図データ
8.孔内水位マップ
土地履歴関連マップ
9.明治時代の低湿地データ(関東・近畿)
10.旧版地形図
11.空中写真(1945~1950年)
12.空中写真(1961~1964年)
13.航空写真(1974~1978年)
14.航空写真(1979~1983年)
15.航空写真(1984~1986年)
16.航空写真(1988~1990年)
地形・地質等マップ
17.標高マップ
18.地形区分図(自然環境条件図)
19.土壌図
20.日本シームレス地質図
21.土地条件図
災害関連マップ
22.浸水の可能性マップ
23.地震による揺れやすさマップ
24.液状化の可能性マップ
25.土砂災害警戒区域マップ
26.土砂災害危険箇所マップ
27.地震動予測地図(震度6強)
28.地震動予測地図(震度5強)
29.活断層マップ
30.浸水想定区域マップ
31.災害履歴図
32.避難所データ
不動産関連マップ・機能
33.地価公示・都道府県地価情報
34.用途地域データ(2011)
35.小学校区マップ
36.中学校区マップ
37.土壌汚染対策法 要措置区域等
その他
38.距離測定
39.面積測定
40.「地盤カルテ®」出力
41.住所逆検索

「地盤安心マップ®PRO」導入店一覧はこちら

01

調べたい場所を
カンタン設定

ログイン

「www.jibanmap.jp」にアクセスし、ログインID・パスワードを入力。

調べたい地点を指定する

検索欄に住所を入力❶。または、地図上で直接クリック❷。地図上には指定した地点の「地盤安心スコア」❸が表示されます。「クリック情報」❹にはその場所の詳細情報が表示されます。

さらに「地盤カルテ」で、より詳しい地盤特性を入手

「クリック情報」タブの「申し込みボタン」❺から、指定した地点の「地盤カルテ」発行(無料)「地盤調査」のお申し込みができます。

「地盤カルテ」とは…

住所を入力するだけで、地盤災害の5大リスク※の5項目をわかりやすく点数化し、メールで受け取れる無料サービスです。
※改良工事率、浸水リスク、地震による揺れやすさ、土砂災害リスク、液状化リスク

02

調べたい項目が
自由に選べる

項目を選択する

「重ね合わせ」タブ❻から、ご希望の項目にチェックを入れてください。煩雑な資料請求の手間を省くことができ、必要な情報にすばやくアクセスできます。

凡例を見る

表示の凡例は「地図凡例」❼で確認できます。
※スタート画面では、「地盤ネット判定マップ」と各種「災害関連マップ」が選択されています

03

複数の項目を重ねて
一度にチェック

重ねたい項目を選択

「重ね合わせ」タブ❻で複数の項目を選ぶと、画面上に重ねて表示することが可能。その土地の特性をひと目で確認・検討することができます。

項目の透過率を調整

「スライダー」❽で各項目の透過率を変更することによって視認性を高め、情報をより確認しやすくできます。

簡単操作でビッグデータを瞬時に取得!

「地盤安心マップ®PRO」で、地盤情報を武器にあなたのビジネスに活力を。
ますます高まる地盤に対する関心に、「地盤安心マップ®PRO」の価値あるデータをぜひご活用ください。

月額利用料

5,000円 (税別)

※24ヶ月契約の月額料金です。

※契約期間終了後は解約届が出されない限り1ヶ月毎の自動更新(月額5,000円)となります。

※1アカウント当たりの金額です。

※1人1つのアカウント付与推奨です。アカウントに排他制御がかかっているため、同時ログインは行えません。

※利用料金には通信機器本体(PCなど)・通信費などは含みません。

「忙しくて調査・検討する時間がない」という方のために、簡単・便利な代行サービスもご用意!

「地盤安心マップ®PRO」の豊富なデータから、
あなたに代わってレポートを作成いたします。

マップスクリーニング「地盤総合リスク診断」

利用料1件

50,000円 (税別)
充実の掲載内容
  • ・ 地盤ネット簡易レポート(地盤カルテ)
    ・ 地盤ネット判定マップ
    ・ 標高マップ
    ・ 地形区分図(自然環境条件図)
    ・ 土壌図
  • ・ 浸水の可能性
    ・ 地震による揺れやすさ
    ・ 液状化の可能性
    ・ 土砂災害警戒区域
    ・ 土砂災害危険箇所

お申し込みフォーム

地盤安心マップ®PROの利用アカウントをご希望の方は、下記のフォームよりお申し込みください。当社担当よりご連絡いたします。

*は入力必須項目です。

お問い合わせ項目*
法人名*
郵便番号
  (半角数字)  郵便番号を調べる
ご住所*
 
電話番号*
FAX番号
お名前*
フリガナ
部署名
役職
メールアドレス*
お問い合わせにおける
個人情報の取り扱いについて*

当社が取扱う個人情報についてはこちらのページをご覧ください。
上記ページの内容をご確認していただき、内容に同意していただける場合は、下記のチェックボックスにチェックを入れてください。

お問い合わせ内容*
申込契約本数*

24か月契約・月額サービス利用料 5,000円×  本

お支払い合計金額(税込)
0円(税込)
担当FC店名
※窓口のFC店がある場合には、店名をご記入下さい。
「工務店レイヤー」に
自社物件表示を申し込む
「工務店レイヤー」とは・・・貴社物件のうち、当社地盤調査物件の位置とSWS試験結果表示
※当社に地盤調査物件がある場合のみ適用。物件数により、登録完了までに数週間程度かかることがあります。
サービス利用規約について*
⇒ サービス利用規約を見る(PDF)

・本サービスの月額利用料金のお支払は、原則として預金口座振替となります。
   後日、当社担当より口座振替依頼書等についてご案内します。
   ※ただし、当社FC店とのお取引がある場合は、FC店との取り決めによりお支払いください。
・当社は申込受領時に所定の審査を行い、申込みを適当でないと判断する場合には利用を承諾しない場合があります。